大阪市中央区の融資・創業支援に強い税理士|谷町六丁目駅から徒歩1分

お問い合わせ
経営コラム-大阪の河野公認会計士・税理士事務所

融資の金利はどのようにして決まる?金利交渉はできる?

金利は4要素から構成される

①市場金利(調達金利): 普通預金や定期預金など銀行の仕入金利

②コスト率: 銀行員の人件費や経費

③利益率: 銀行の利益、儲けの部分

④リスク率: 貸出回収できないリスク、各会社の財務状況に応じて決定

上記のうち、①②③については同一の銀行であれば、どの会社も同じ率が適用されます。
これらの率については、交渉余地はないものと考えて差し支えありません。

一方、④のリスク率のみは各会社ごとに設定されます。会社として交渉余地があるのは、このリスク率になります。

金利決定図

 

どのようにして金利交渉するか

担保や財務状況のアピールによる交渉

金利は本部決済ではなく、支店決済となっているケースが多いため、交渉がしやすい項目になります。
まずは、前述の①~④がどのように積み上がっているかを担当者に聞いてみてください。担保や財務状況の面からリスクが小さいことをアピールすると、④のリスク率に係る金利交渉の余地が出てきます。同時に、含み益のある資産の処分や役員報酬のカット(特に直近利益が赤字の場合)などによる財務改善が交渉材料になります。

 

相見積もりによる交渉

前述の①②③は各銀行ごとに異なるため、相見積もりを取ってください。
相見積もりを取るためには、普段から複数行の銀行と付き合っておく必要があります。

保証協会付き融資からプロパー融資への切替

業績が好調であれば、保証協会付き融資からプロパー融資への切替も検討しましょう。
保証協会付き融資は金利交渉が原則としてできません。また、保証料が上乗せされていますので実質的な金利は高いといえます。

 

定期預金のチェック

融資と同時に定期預金をしている場合(いわゆる両建預金)、実質金利は高くなっている可能性があります。
本当に定期預金は必要なのか、見合い預金になっていないか確認してみてください。
※金融庁の「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」によると、過当な両建預金の受入れは禁止されています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?「うちの金利は高いんじゃないか?」と疑問に思われたのであれば、上記で説明したようなやり方で交渉してみてください。
ただし、銀行との付き合いは長いものになります。少しでも金利を下げようという発想より、多少金利が高くても万が一の時に味方になってくれそうな銀行と付き合っておく、という発想も非常に重要です。


The following two tabs change content below.
河野 岳友
河野 岳友
大阪市中央区の融資・事業再生に力を入れている税理士です。日本政策金融公庫の創業融資には特に力を入れています。会計・税務だけでなく、資金調達や経営改善により「会社にお金が残る仕組みづくり」をお手伝いしております。また、クラウド会計やITを積極活用して、経理の効率化を推進しています。
  • お問い合わせ
河野公認会計士・税理士事務所
  • google
  • hatena
  • twitter
  • Facebook
  • 〒542-0012 大阪市中央区谷町6-6-7 第5松屋ビル6F
    TEL:050-3553-1600