大阪市中央区の融資・創業支援に強い税理士|谷町六丁目駅から徒歩1分

お問い合わせ
経営コラム-大阪の河野公認会計士・税理士事務所

中小企業が付き合うべき銀行はメガバンクより地域金融機関?

民間の金融機関には、メガバンク(都市銀行)、地方銀行、信用金庫など様々な種類があります。「どこの金融機関とお付き合いをしたら良いのか」という相談も受けますが、弊所では特に年商5億円以下の中小企業には地域金融機関(第二地方銀行、信用金庫、信用組合など)との付き合いをおすすめしております。その理由を解説いたします。

 

メガバンクは少額の融資に消極的

まず、メガバンクは少額の融資に消極的です。
その理由は以下のとおりです。

①銀行員の成績につながらない
銀行員は銀行内で厳しい出世競争に晒されています。中でも融資実行額の多寡は銀行員の評価に大きく関わります。特に資金力のあるメガバンクの銀行員は融資額の大きい大手取引先を常に探しています。
中小企業の融資は大手と比較して融資額は小さいものとなり、銀行員の成績につながらないため、どうしても消極的になりがちです。

②融資額が小さいからといって融資審査が緩くなるわけではない
大手金融機関の場合、融資額が1,000万円でも1億円でも融資審査に係る手間はそれほど変わりません。ですので、融資額の大きな案件を優先する傾向にあります。

 

メガバンクには支店撤退リスクがある

メガバンクは全国に支店・店舗を構えていますが、支店の業績が悪い場合には撤退する場合があります。ですので、それまで付き合いのあった支店長や担当者とのつながりが切れてしまう可能性があります。
一方で、地域金融機関は地域に密着した金融機関であるため、支店撤退リスクは低いと言えます。

 

いざというときに頼りになる地域金融機関

上記のような理由で、メガバンクは中小企業への融資に対しては消極的です。また、メガバンクと付き合いがあると信用力が得られると昔では言われていましたが、今ではそのような意識も薄れてきています。

一方、地域金融機関は資金量に制限があり多額の融資はできないため、中小企業への融資に積極的でかつ親身に対応してくれる可能性が高いといえます。また、景気の悪化等で会社の業績が悪くなった場合にも、地域にとって大事な会社を支えるべく動いてくれるのが地域金融機関です。このように、いざというときに頼りになるのが地域金融機関ですので、できれば地域金融機関をメインバンクにしておくことをおすすめいたします。


The following two tabs change content below.
河野 岳友
河野 岳友
大阪市中央区の融資・事業再生に力を入れている税理士です。日本政策金融公庫の創業融資には特に力を入れています。会計・税務だけでなく、資金調達や経営改善により「会社にお金が残る仕組みづくり」をお手伝いしております。また、クラウド会計やITを積極活用して、経理の効率化を推進しています。
  • お問い合わせ
河野公認会計士・税理士事務所
  • google
  • hatena
  • twitter
  • Facebook
  • 〒542-0012 大阪市中央区谷町6-6-7 第5松屋ビル6F
    TEL:050-3553-1600